2012年1月26日木曜日

仕事に必要な要素(福音書から)

1. 実力

実力がない人の後は誰もついていかない。

・確信にあふれた言葉
マタイ 7:29 「彼らの律法学者のようにではなく、権威ある者としてお教えになったからである。」
・頑健な肉体 大工の仕事で鍛えた屈強な肉体
・誰とでも分け隔てなくつきあう社交性
マタイ 9:10 「イエスがその家で食事をしておられたときのことである。徴税人や罪人も大勢やって来て、イエスや弟子たちと同席していた。」
・ユーモア
マルコ 10:15 「はっきり言っておく。子供のように神の国を受け入れる人でなければ、決してそこに入ることはできない。」
・交渉力
ヨハネ 4:10 「イエスは答えて言われた。「もしあなたが、神の賜物を知っており、また、『水を飲ませてください』と言ったのがだれであるか知っていたならば、あなたの方からその人に頼み、その人はあなたに生きた水を与えたことであろう。」」
・数々の奇跡、他


2. 情熱、努力

マタイ 5:41 「だれかが、一ミリオン行くように強いるなら、一緒に二ミリオン行きなさい。」
マタイ 16:25 「自分の命を救いたいと思う者は、それを失うが、わたしのために命を失う者は、それを得る。」

ヘンリー・フォード
「安く作って、アメリカ中の家庭が車を持てるようにしたかった。そのためにすべてを捨て、へとへとになって自動車という言葉を聞きたくないと思うようになるまで働いた。」
その仕事のために一生を捧げる。

一時の成功をおごり高ぶる愚か者にならない
ルカ 12:16-21


3. 忠実、誠実

マタイ 20:26-27 「しかし、あなたがたの間では、そうであってはならない。あなたがたの中で偉くなりたい者は、皆に仕える者になり、いちばん上になりたい者は、皆の僕になりなさい。」

世界最大の自動車会社は、他社よりもサービスを良くする。厭うことなく、客先に出向き車の下にもぐり、喜んで修理する。

・あるアメリカ州知事の例(「7つの習慣」より)
仕事をせず毎日家事に精を出していた、気前がいいことで定評のある主夫があるとき州知事選挙に推薦され州知事となった。すると、家事しかできない奴がなぜ州知事になるんだと批判するものがいた。だが、よく考えてみると、家事すらまともにできない人がどうして州の政治を指揮できるのだろうか?小さなことに忠実なものは大きなことも忠実にこなすのである。

上司はたいてい朝は人一倍出勤が早い

・神様に忠実に従う
申命記 11:13-32、28:1-68

・職務をまっとうする
マタイ 26:39 「少し進んで行って、うつ伏せになり、祈って言われた。「父よ、できることなら、この杯をわたしから過ぎ去らせてください。しかし、わたしの願いどおりではなく、御心のままに。」



参考文献
・"The Man Nobody Knows - A Discovery of the Real Jesus"「誰も知らない男」 Bruce Barton 著
1920年代にアメリカで出版され大ベストセラーとなった。当時の邦訳は「イエスの広告術」

・"The Seven Habits of Highly Effective People"「7つの習慣」  Stephen R. Covey 著