2012年8月26日日曜日

KOSTA後の信仰の姿勢


■2012/08/26
■ヨハン早稲田キリスト教会 主日礼拝
■タイトル: KOSTA以降持つべき信仰の姿勢
■フィリピ 2:12-18

★メッセージ
御言葉と共に働く実りを楽しみに
CTSとCBSがKOSTA取材をしました。日本でのKOSTAは世界19カ国のKOSTAの中でも最も目に見張る成長があり、日本での宣教の様子がしっかり伝えられました。

我々は天国に市民権を持っています。永住権、入場券があります。

1.常に従順でいて畏れおののきつつ我らの救いを達成しよう

コロサイ2:13-15 肉に割礼を受けず、罪の中にいて死んでいたあなたがたを、神はキリストと共に生かしてくださったのです。神は、わたしたちの一切の罪を赦し、規則によってわたしたちを訴えて不利に陥れていた証書を破棄し、これを十字架に釘付けにして取り除いてくださいました。そして、もろもろの支配と権威の武装を解除し、キリストの勝利の列に従えて、公然とさらしものになさいました。

すべて過去完了形で表されています。私たちの罪の赦しはすでに過去になされています。

Ⅰコリント 13:12 わたしたちは、今は、鏡におぼろに映ったものを見ている。だがそのときには、顔と顔とを合わせて見ることになる。わたしは、今は一部しか知らなくとも、そのときには、はっきり知られているようにはっきり知ることになる。
Ⅰコリント 15:49 わたしたちは、土からできたその人の似姿となっているように、天に属するその人の似姿にもなるのです。

未来形で書かれていますが、確実に実現します。

自分に与えられた信仰を毎日確かめながらその通りだと証するように

登山家は登るときよりも降りるときに事故が多いです。
KOSTA後は単なるイベントで終わってしまわないように

2.御心のままに望ませ行われる主の御旨があることを確信しよう
主は必ず成功させてくださり、分かち合わせてくださいます。
天の御国の人材は天材→天才です。

3.すべての過程は訓練を通した聖化の完成へと導きます。