2013年8月29日木曜日

聖霊の特徴

◼2013/08/29
◼ヨハン早稲田キリスト教会 木曜礼拝
◼聖書箇所:使徒言行録4:1−11

★メッセージ

旧約聖書では聖霊があまり登場しませんが、聖霊の働きがなければ御言葉を読むことも祈ることもできません。聖霊の力が何であるか、肉体的な力、精神的な力、霊的な力、その力を体験しましょう。
聖霊の特徴は火と風です。何かが物理的に熱くなるわけではないですが、心が燃え上がります。
五旬祭は三大祭りであり聖霊様が中心の祭りです。120人の人が集まって祈っているとき、聖霊に満たされました。
イスラエルの民は救済を好んで行います。誰かが困っていたなら喜んでお金や財産を差し出しました。
使徒言行録では弟子化訓練により連続的に弟子が生み出されます。

信仰を守り通す

◼2013/08/29
◼ヨハン早稲田キリスト教会 モーニングチャペル
◼聖書箇所:歴代誌下35:1−19

★メッセージ

神様に選ばれた民であるにもかかわらず神様から与えられた律法の書をなぜ忘れてしまったのでしょうか。神様から選ばれたイスラエルの民でさえ信仰を守り続けることがこれほど難しいのです。私たちはどうやって信仰を保つのでしょうか。
私たちには信仰を守り通す能力は全くありませんが、主ご自身が私たちと結ばれた契約をもって守ってくださいます。
過越祭は第一の月の14日ですが、出エジプトの後、初めて行った主へ捧げる礼拝でありこの日に決まりました。ここでいけにえを捧げ罪を赦していただきました。私たちも毎日ごとにイエス様に悔い改めの祈りを捧げ罪を清めていただきましょう。
過越祭の準備の過程が出ていますが非常に細かいものでした。王は自分の財産の中から小羊、子山羊三万匹、牛三千頭を捧げ、それにならって他の民も次々と捧げました。私たちも主に喜んで豊かに捧げましょう。捧げれば捧げるほど皆が豊かに満たされます。自分だけで使うならば私だけの自己満足の虚しいものですが、主に捧げれば皆が豊かになります。
一番の捧げ物は自分の人生を捧げることです。献身は主が多いに喜ばれます。教会からも献身者が生み出されるように祈りましょう。

2013年8月27日火曜日

若年王ヨシヤの働き

◼2013/08/27
◼ヨハン早稲田キリスト教会 モーニングチャペル
◼聖書箇所:歴代誌下34:1−13

★メッセージ

ヨシヤは8歳と若くして王となり聖化に尽くしました。旧約聖書で主に用いられた王として必ず名前があげられる人です。主の働きをするのに年齢は関係ありません。若くても主は用いられます。一方でアブラハムは75歳で用いられました。主にとって年齢は関係ありません。
エレミヤ1:6-8 エレミヤも最初自分の若さゆえに躊躇しましたが主は共にいるといってエレミヤを励ましました。私たちも若かったとしても主が共におられます。喜んで主の働きをしましょう。
4節 人々はヨシヤの前で自らバアルの祭壇を壊しました。ヨシヤ一人で行ったのではなく彼の行いに皆が共感して祭壇を壊したのです。私たち日本人は小さいときから神社などの偶像礼拝と身近にあったため、信仰を持っても偶像礼拝に対して妥協してしまうことも多くあります。しかし霊的な妥協は後から自分を苦しめることになります。伝道するときも人々に妥協してはいけません。はっきりとした態度で善悪を伝え御言葉で人々を主に導きましょう。
8節 ヨシヤが小さいころは高官たちがサポートしましたが、ヨシヤが王になって18年目に神殿再建にとりかかり10年かけて行います。神殿とは神様が臨在され主への祈りが捧げられる場所です。家でも礼拝はできまずが何よりも主がおられる教会に来て礼拝を捧げるべきです。教会には主の目があり主の耳があるからです。教会を通して神様との信頼関係が築かれていきます。魂がこの場所を通して救われるように祈りましょう。

2013年8月26日月曜日

マナセの罪と悔い改め

◼2013/08/26
◼ヨハン早稲田キリスト教会 モーニングチャペル
◼聖書箇所:歴代誌下33:1−25

★メッセージ

悪を行う者は主が裁かれます。敵国の指導者が死ぬように祈ることもあるかもしれませんが、それは主がなさることです。もし主が罪人を罰するとしたら、私たちも皆罪人であり全員滅ぼされてしまうでしょう。
マナセは55年間の在籍中、50年間悪を行い5年間だけ主の目に良いとされることを行いました。その子アモンは父親の悪いところを見習い悪事を行いました。彼は22歳で王となりましたので、父親が悔い改めたのは17歳の時でしたが、それまで見た父親の行動のほうを覚えておりその悪事を引き継いでしまいました。
自分とは違った考え方をしていて成功している人をみると影響されてしまうことがあります。早天に来なくても仕事がうまくいっている、子供が授かっている、良い人間関係を築いている、だから私も早天に行かなくても良いと考えるのは大間違いであります。主に喜ばれない者は今は栄えていても必ずやがて倒れます。
中身が大事だと悟った人は外側も変えていきます。親世代だけでなく子供の世代、孫の世代、ひ孫の世代まで信仰がいかなくてはいけませんが、子孫に信仰が継承されないため日本ではなかなかリバイバルがなされません。ある教会では80歳の人が教会に行くと若手だそうです。それ以上の年の人しかいなく80歳の人はたくさんの奉仕があるそうです。これはなんという現実でしょうか。
歴代誌では王が罪を犯して悔い改めたが子供が罪を犯してまた悔い改めるということを繰り返しますが、主はその中で待っておられます。主は罪人を切らずに悔い改めを待っておられます。

2013年8月25日日曜日

実を結ばない土地

◼2013/08/25
◼ヨハン吉祥寺キリスト教会 主日礼拝
◼聖書箇所:マルコ4:1−9

★メッセージ

KOSTAでたくさんメッセージを聞いて恵まれましたがその後の一週間の生活はどうだったでしょうか?いただいた御言葉を適用して 実を結ぶ生活だった人もいれば何も変わらない人もいるでしょう。御言葉は種であり良い土地に落ちるか悪い土地に落ちるかで実りが違います。
詩篇23編に慰めがあります。ダビデは羊飼いであり何もない者でしたが、主が導かれました。主は羊飼い、わたしには何も欠けることがないと告白しました。
アブラハムは主から呼ばれてカナンの地を目指しましたが、当日、どんな場所かわからない地に旅立つことはどれほど困難であったことでしょうか。当時は盗賊もおり旅は危険なものでもありました。それでもアブラハムは主の言葉に従い旅立ちました。
信仰の目を養いましょう。ヨハン吉祥寺キリスト教会は今は小さいかもしれませんが、5年後、10年後、どうなっているか期待してビジョンを持って下さい。今やっていることが何もならないと考えないで、信仰の目で見て下さい。
石だらけの土地では根を深く張れないため強い風が吹くとすぐに倒れてしまいます。ちょっとした大変なことがあると倒れてしまう人は石だらけの心です。
茨の地とは信仰がない人のことです。

2013年8月24日土曜日

自己責任には愛がない

◼2013/08/24
◼ヨハン早稲田キリスト教会 土曜礼拝
◼聖書箇所:ヨハネ17:20−26

★メッセージ

バブルのころに就職しリストラされてホームレスになってしまった人がいます。この世代の人には自己責任という概念があります。他人や社会でなく自分が悪いと思っており、どこにも相談したりはけ口を見出すこともできません。自己責任の念にさいなまされがら生きている人が増えています。ここには愛がなく残念なことです。
ローマ12:14 あなたがたを迫害する人のために祝福を祈りなさい。愛とは祈りをやめず続けることです。
使徒言行録2:43-47  ヨハン教会でも兄弟姉妹が愛をもって互いに助け補っていきましょう。
マタイ28:18-20 大宣教命令、ただ言って弟子にしなさいと言ったのではなく、主が常に共にいると約束されておられます。その中で魂の働きをしなさいとおっしゃられました。

2013年8月22日木曜日

霊に燃え主に仕える

◼2013/08/22
◼ヨハン早稲田キリスト教会 木曜礼拝
◼聖書箇所:テサロニケ一1:1−10

★メッセージ

霊に燃え主に仕える

テサロニケの教会は最初は使徒パウロの眼中になかった場所であります。)パウロは福音伝道の効率性を考えて東のほうに向かおうとしていましたが、主はそれを阻止されました。ギリシャ語は英語の前身です。
テサロニケ教会は異邦人中心でありながらマケドニア地方で最も模範的な教会となりました。
聖霊に満たされると分別力と判断力がつき秩序良く計画的に行います。
使徒パウロには自分の立場を保証してくれる人がいませんでした。使徒パウロは改心する前にクリスチャンを徹底的に迫害する人であったので、その報いを一生涯受けたともいえます。
8節 何にも付け加えて言うことがない、あなたに対する戒めや叱ることはなく主が満足しておられます。
9節 偶像から離れて神に立ち返り  ギリシャは偶像にあふれていた場所でした。今の日本もこのように偶像から離れて神に立ち返れば大きなリバイバルへとつながります。偶像礼拝は最悪な罪であり神様の大きな怒りを招くものです。子供や配偶者が自分の偶像を作りそれに向かって話し出したらどういう思いをするでしょうか。
非の打ち所なくとは、神秘主義ではなく、私たちの体力・霊性が守られ経済的に祝福され同労者が与えられ主に捧げられることです。
5:13互いに平和に過ごしなさい  信徒たちの仲が悪くなりけんかがおこることは牧会者にとっていちばん辛いことです。そのため、信徒たちの間にもリーダーがたくさん生まれ、よく仲裁することができるように。
5:16いつも喜んでいなさい。絶えず祈りなさい。どんなことにも感謝しなさい。

ヨハン早稲田キリスト教会がテサロニケ教会のような働きができるように祈り励みましょう。

2013年8月18日日曜日

ただイエス

◼2013/08/18
◼ヨハン早稲田キリスト教会 主日礼拝
◼聖書箇所:ルカ2:41−51
◼タイトル:ただイエス

★メッセージ

名誉を失ったら大変で、健康を失ったらもっと大変です。これよりもっと大きな無くしものがあります。両親を失ったら山に埋めて、子供を失ったら心に埋めるという言葉が韓国にあります。両親を失うこと、子供を失うことはもっと深刻なことです。
本日は、イエス様を失ったヨセフとマリアの物語です。自分の子供を失ったのではなくイエス様を喪失した状態でした。みなさんはイエス様を失ってはいないでしょうか。KOSTAでの恵みにもかかわらずイエス様を失ってはいないでしょうか。
なぜヨセフとマリアはイエス様を忘れてしまったのでしょうか?まず、イエス様がいないことを知りませんでした。私たちもイエス様を正しく知っているかどうかが問題です。知識としての知っているではなく体験して知っているかどうかです。
両親はイエス様を見つけようと三日間探し回りました。相当に疲れたことでしょう。イエス様を失ってしまうと霊的な疲れ、精神的な疲れ、肉体的な疲れを伴います。さらに経済的な困難も伴います。イエス様を三日間探し回り引き返す手間を考えると少なくとも4日間失いました。経済的にもそれなりの損失です。すべての貧困や困難がイエス様を失ったからではありませんが、ある種のものはイエス様を失ったからであります。毎週の礼拝を通して、日々のディボーションを通してイエス様を探し見つけて下さい。

2013年8月11日日曜日

イエス様!世の真の自由

◼2013/08/11
◼ヨハン早稲田キリスト教会 主日礼拝
◼聖書箇所:ヨハネ8:31−36
◼タイトル:イエス様!世の真の自由

★メッセージ

32節 あなたたちは真理を知り、真理はあなたたちを自由にする
ここでいう知るとは体験するという意味です。

第一は真理が自由にして下さるのか?ヨハネ3:16
ヨハネ13:34-35 互いに愛しなさい、ヨハネによる福音書の最終結論のような箇所です。
喜びの道、平安の道、失敗のない真理の道です。真理とは勉学の有無で差が出るものではありません。東西南北どこでも同じ真理でなければなりません。

第二にイエス様は弟子たちをどのように自由にして下さるのでしょうか?36節 もし子があなたたちを自由にすれば、あなたたちは本当に自由になる。
ヨハネ1:12
ヘブライ9:27 キリストも人々の罪を救うためにただ一度死なれました。
ローマ8:28 キリストが人を罪から解放しましたので、罪の罰を受けることはありません。

罪を犯せばサタンの悪霊の力に支配されてしまいます。最も大きな罪はイエスキリストを無視することです。
聖霊様は味方を中心にしてイエスキリストを大切にするようにされます。

2013年8月4日日曜日

強い信仰で悪魔に抵抗しなさい

◼2013/08/04
◼ヨハン早稲田キリスト教会 主日礼拝
◼聖書箇所:ペトロ一5:7−14
◼タイトル:強い信仰で悪魔に抵抗しなさい
        ペトロの手紙講解16

★メッセージ

7節 思い煩いは何もかも神にお任せしなさい
頭では理解していても何か大変なことに直面するとすぐに忘れてしまい自分の殻に閉じこもって悩んでしまいます。ここから脱却しなければなりません。歴代記下20:9 もし苦難に襲われたら主に叫び求めます。

2)身を慎んで目を覚ましていなさい
8節 悪魔が誰かを食いつくそうと探し回っています
エフェソ4:26 怒ることがあっても罪を犯してはなりません。日が暮れるまで怒ったままでいてはいけません。たいてい怒る人は高慢な人です。自分が絶対に正しいかのように振る舞います。もちろん怒ることもありますが、すぐに怒りをおさめて聖霊の導きにしたがいましょう。

3)信仰にしっかり踏みとどまって悪魔に抵抗しなさい
クリスチャンの敵は三つあります。一つは悪魔であり真っ正面から戦う姿勢を見せれば悪魔は逃げ出します。二つ目は自らの欲望です。これは背を向けて逃げ出さなければいけません。欲望に捉えられれば罪に陥っていきます。三つ目は世と世にあるものです。これらには大胆に立ち向かって戦う姿勢をとりましょう。エフェソ6:10-20 私たちの戦いは血肉の戦いでなく霊的な戦いです。神の武具をとって戦いましょう。

2013年8月3日土曜日

ヨハン教会の出発と主の御業

◼2013/08/03
◼ヨハン早稲田キリスト教会 土曜礼拝
◼聖書箇所:詩篇37:23−40

★メッセージ

25節 主に従う人は、子孫がパンを乞うのを見ることはありません。
人生には大きな三つの出会いがあります。両親との出会い、配偶者との出会い、そして絶対者なる主との出会いです。良い両親と出会うと人生の前半期は良い人生を送れます。しかい配偶者との出会いは難しく時には悪い配偶者と出会って波乱万丈の人生になってしまう人もいます。お金などの遺産は親からもらえますが、賢い妻は主からいただくものです。
詩篇27:10 ダビデは親からあまり愛されないものでしたが、そのような親から生まれていても主は私を握りしめてくださると言っています。神の手に成功(可能性)がかかっています。イエスキリストと出会わなければ主から与えられるビジョンを持てなかったでしょうし、韓国や中国への宣教のビジョンを持つことなどなかったでしょう。
ヨハン教会は何もないところから始まりました。牧師先生は一ヶ月分の生活費だけ持って日本にやってきて、もともとトイレだった場所を改装して部屋とし住み始めました。それが主の恵みにより、125人以上の先生に出会い、6000人以上の信徒に出会い、45の開拓教会を目の当たりにしました。イエスキリストが育てた12人の弟子は世界中に行って福音を伝えそれが2000年間受けつがれ、何十億人の人々が信仰を持ち救われました。唯一の道であり真理であり命である主イエスキリストにかける人生はどれほど素晴らしいことでしょうか。
使徒言行録13:22 ダビデは私の心にかなうことを行う、これが信仰による勝利の鍵です。私たちはいつも目の前に見える人間的な問題と戦っていますが、信仰で主の力を信じてやってみて体験してみましょう。この世をとるか主の道をとるか人生の決断をはっきりとして下さい。私がいつも自分のことを優先してしまう細かい項目をあげながら、それらをやめて主に仕えられるように祈ってみて下さい。メッセージを通してあらゆる回答が与えられます。

2013年8月1日木曜日

ヨシャファトの過ち

◼2013/08/01
◼ヨハン早稲田キリスト教会 モーニングチャペル
◼聖書箇所:歴代誌18:1−27

★メッセージ

ヨシャファトは信仰を守る良い王でしたが、悪王のアハブと姻戚関係を結ぶという致命的な過ちを犯しました。イスラエルとの関係を平和に治めたいと思ったからです。
出エジプトにおいて人々は四つの罪を犯しました。一つ目は偶像礼拝、二つ目は淫行、三つ目は神を試みること、神を試みる者は主につぶやく罪があります。主を信じる者が何で主は私をこのように用いるのかとつぶやきます。結果として、ヨシュアとカレブ以外は皆荒れ野で死に絶えました。信仰を持っている人こそ気をつけなければいけません。南ユダではクーデターは起こりませんでしたが、ヨシャファトは大きく栄えた後に大きな過ちに陥りました。
アハブは400人の偽預言者を集めました。現代でマスコミを操作することと同じようなものです。偽預言者は口を揃えて攻め上るべきだといいますが、ヨシャファトはこれにNoと言います。ヨシャファトは聖霊が宿っており感覚的に違うと感じました。クリスチャンはこのように、霊的な間違いに対して厳しくNoと発しなければいけません。しかし、ヨシャファトはアハブとの姻戚関係は切れず最終的には戦争に一緒に行ってしまいます。ヨシャファトの優柔不断と二重性に気をつけなければいけません。
お金の力、名誉の力で人を奴隷にしようとする心が人にはあります。一度陥ると際限なく罪に染っていきます。罪に対して一度妥協するとずっと罪の奴隷になってしまいます。人を偶像としないでください。人は何もできないものであります。ただ主だけを見上げて下さい。そうすれば人の言葉に惑わされることはありません。
実を結ばない木は嘘の木です。イエスキリストを信じる人には聖霊が宿ります。聖霊の力で世の中で勝利できます。何かうまくいっている時には正しく生きる決断をして下さい。正しく生きるためには、ときには家族と別れなければいけません。イエスキリストは私についてきなさいと言われました。それに最も従ったのはパウロでした。
ヨシャファトはアハブの近くにいたおかげで判断力が完全に麻痺し一緒に戦争に行ってしまい、アハブの身代わりにさえなってしまいます。ヨシャファトはもし正しく信じたなら第二のダビデになったかもしれません。しかし罪から脱却することはできませんでした。
一つだけ覚えて下さい。何かうまくいくならそれは主の恵みです。成功した者は倒れないように気をつけて下さい。今年のKOSTAがうまくいったから来年もうまくいくとは限りません。