2014年9月6日土曜日

あなたがたの信仰はどこにあるのか

「あなたがたの信仰はどこにあるのか」

先月までヨハン教会連合の牧師であった金圭東氏が書いたメッセージ集のタイトルです。
ルカによる福音書の説教集ですが、上下巻それぞれ500ページ近くある冊子で、金圭東氏のメッセージが凝縮されたかなり濃い内容となっています。

メッセージ内容を読んでの感想は書ききれないほどありますが、今回はこの本のタイトルである「あなたがたの信仰はどこにあるのか」について考えさせられました。

聖書では、わたしたちの救い主はただイエスキリストおひとりであると教えています。そして、私はただイエスキリストだけを信じて歩んでいたと思っていたのですが、そうではなかったようです。

実際は、イエスキリスト以外のものにも何か信仰心のようなものがあったのかもしれません。それは、たとえば、教会に対する信仰、あるいは牧師や教会の先生に対する信仰です。

私の所属しているヨハン教会連合は次々と教職者や信徒を生み出し全国に開拓教会も建てどんどん大きくなっていきました。その中で、この教会にいれば将来は安泰だとか、この教会で将来役員等になっていけば、日本のキリスト教会の主導をとれるとか、そういう思いがあったのではないかと自分の心に手を当てて悔い改めざるをえません。また、教会の教職者からいろいろ励まされたり良いことをしてもらったことで、その教職者を頼ってしまう思いもありました。

クリスチャンの信仰は、特定の教会や特定の恩師などに向かう信仰ではなく、ただ主なる神様に求める信仰でなければいけません。どの教会に所属したとしても、どの人と別れることになったとしても、ただ主なる神様だけを頼る信仰です。

日本でいろいろな教会が内部の人間的な戦いや外部からの誹謗中傷などで分裂して倒れていく話を今まで聞いていましたが、ヨハン教会だけはそういうことはないだろうと思っていました。そのこと自体が高慢であり、主は私を含めてこのヨハン教会連合を徹底的に打ち砕こうとされているのだと今は感じています。

どの教会に属したとしても、どこに行ったとしても、ただ主なる神様とつながっているならば、福音を伝えることも、家族や同僚にキリストの愛を伝えることも可能でしょう。

「あなたがたの信仰はどこにあるのか」 これをいつも問いただしながら、これからは信仰生活を送っていきたいと思います。